みょうがの浅漬け

みょうがの浅漬け

みょうがの浅漬け みょうがを紫蘇と梅酢でさっぱり仕上げました。
いろんな料理のアクセントに!

冷奴や、そうめん。夏に欠かせないみょうがを、紫蘇と梅酢でつけこみました。このすっぱさが癖になりますよ。

日本独自の香味野菜。暑い夏にその香りで涼をもたらします。 海外旅行から帰ってきて一番に食べたくなる物の一つでしょう。"茗荷"という名前の漢字をよく見てください。この名前については次のような逸話があります。 釈迦の弟子の周梨槃特(スリバンドク)は熱心に修行をする人の好い人物でしたが、 物忘れがひどく自分の名前すらすぐに忘れてしまったそうです。そこで釈迦が首から名札を下げさせました。 彼の死後、墓から見慣れぬ草が生えてきました。生前自分の名を下げていた(荷物のように) ことにちなんで村人がこの草を「茗荷」と名づけた。という説があります。 この話から、茗荷を食べると物忘れがひどくなるという俗説が生まれました。

浅漬け一覧へ

つけものやのおつけものオンラインショップへ 

つけものやのおつけものオンラインショップへ